ページの先頭になります。

ページ内を移動するためのリンクです。

ここからページ本文になります。

マネー・ローンダリング及びテロ資金供与防止方針

1本方針の目的
本方針は、当行のマネー・ローンダリング及びテロ資金供与(以下「マネー・ローンダリング等」という)防止のための管理態勢及び運営に関する基本方針を定めることを目的に制定します。
2基本方針
マネー・ローンダリング等防止を経営の最重要課題の一つと捉え、不断の検証と高度化に努めるとともに、公共の信頼を維持すべく実効性のある管理態勢を確立することを基本方針とします。
3経営陣の関与
経営陣は、マネー・ローンダリング等リスクが経営上重大なリスクになり得るとの理解の下、主体的且つ積極的に関与するとともに、マネー・ローンダリング等防止対策に関する取組みを全役職員に浸透させ、管理態勢を構築します。
4リスク評価書
国家公安委員会が公表する「犯罪収益移転危険度調査書」等の内容を踏まえ、当行が取り扱う商品・サービス等についてリスクを特定・評価し、リスク低減を図るため「特定事業者作成書面(リスク評価書)」を策定します。
5顧客管理措置
関係法令に基づき、顧客の本人特定事項ならびに顧客管理事項の確認を適切に行い、反社会的勢力を含む不適切な顧客との取引関係の排除に努めます。
6疑わしい取引の届出
関係法令に基づき、疑わしい取引が判明した場合は速やかに当局に届出るとともに、当行における疑わしい取引発生を防止する態勢を構築します。
7遵守状況の点検
マネー・ローンダリング等防止に係る遵守状況を点検し、その点検結果を踏まえた、継続的な態勢改善に努めます。
8従業員研修の方針
マネー・ローンダリング等に係る当行の方針及び手続き、並びに関連法令等の理解と重要性の意識醸成のため、全役員及び従業員に対する定期研修を実施します。

以 上