ページの先頭になります。

ページ内を移動するためのリンクです。

ここからページ本文になります。

1日あたりのカードご利用限度額について

偽造・盗難カードによる不正払戻しの被害から、お客さまの大切なご預金をお守りするため、当行ではお客さまへ発行したカードの1日あたりのご利用限度額を、下記の通りとさせていただいております。

キャッシュカード別お取引の種類

磁気ストライプ取引 磁気キャッシュカード取引、
ICキャッシュカードによるIC対応していないATMでの取引
ICチップ取引 ICキャッシュカードで生体認証情報未登録または生体認証情報(指静脈データ)登録済で指静脈認証に対応していないIC対応ATMでの取引
生体認証取引 生体認証情報(指静脈データ)を登録したICキャッシュカードで指静脈認証に対応したATMでの取引

1日あたりのカードご利用限度額

きらぼし銀行のカード《マーク》・旧八千代銀行のカードをお持ちのお客さまの1日あたりのご利用限度額は下記の通りです。

  • カッコ内は変更設定可能額です。
個人のお客さま

表はスクロールすることができます

   
磁気キャッシュカード 生体認証機能付ICキャッシュカード
  磁気ストライプ取引 ICチップ取引 生体認証取引
きらぼし銀行ATM※1 100万円
(0~500万円で変更可能)
1,000万円
(0~5,000万円で変更可能)
提携金融機関ATM 50万円
(0~200万円で変更可能)
200万円
(0~200万円で変更可能)
  • 提携金融機関により上限が定められている場合はその金額までとなります。
デビットカード
ご利用※2
100万円
(0~200万円で変更可能)
1日あたりのご利用限度額 100万円 1,000万円
  • 限度額変更後は、変更後の設定金額がご利用限度額となります。
  1. ※1きらぼし銀行ATMのご利用限度額は、《マーク》のATMでの取引と、《マーク》のATMでの取引が対象となります。
  2. ※2カードローンカードは、デビットカードとしてご利用いただけません。
法人のお客さま

表はスクロールすることができます

  磁気キャッシュカード
磁気ストライプ取引
きらぼし銀行ATM※1 200万円(0~500万円で変更可能)
提携金融機関ATM※2 50万円(0~200万円で変更可能)
  • 提携金融機関により上限が定められている場合はその金額までとなります。
デビットカード
ご利用※3
200万円(0~200万円で変更可能)
1日あたりのご利用限度額 200万円
  • 限度額変更後は、変更後の設定金額がご利用限度額となります。
  1. ※1きらぼし銀行ATMのご利用限度額は、《マーク》のATMでの取引と、《マーク》のATMでの取引が対象となります。
  2. ※2提携金融機関ATMは、一部の地方銀行、イーネット、ローソン銀行、セブン銀行のATMが対象となります。
  3. ※3法人カードローンカードは、デビットカードとしてご利用いただけません。
  • 対象となる預金は、普通預金・貯蓄預金・決済用普通預金です。
  • 1日あたりのご利用限度額は、キャッシュカードによるお取引限度額であり、現金でのお引出しやお振込、お振替が対象となります。
    なお、同一店内でご本人名義の定期預金へのお振替は、1日あたりのご利用限度額の対象外となります。
  • 1日あたりのご利用限度額は、磁気ストライプ取引・ICチップ取引・生体認証取引の各限度額のうち、最も大きい限度額となります。
    〔例〕生体認証情報登録済みICキャッシュカードで1日あたりのご利用限度額が1,000万円の場合、提携金融機関ATMで ICチップ取引により 200万円の取引をした後、同じ日に利用できるお取引は、生体認証取引による800万円となります。
  • 1日あたりのご利用限度額は、変更可能範囲内でご希望の金額(1万円単位)に変更することが出来ます。

ご利用限度額変更のお手続き

  • 窓口(平日 9:00~15:00)

    ご利用限度額の引下げ・引上げともに変更手続きができます。

    【お手続きの際にお持ちいただくもの】

    • お申込口座のお通帳、お届印
    • 写真付本人確認書類(運転免許証・パスポート等)
  • ATM

    設置場所によりご利用日・ご利用時間が異なります。

    磁気ストライプ取引・ICチップ取引のご利用限度額の引下げができます。

    • 限度額変更を希望される口座のキャッシュカードにて、《マーク》のATMでの変更手続きができます。
    • 代理人キャッシュカードによる変更はできません。
      • ご利用額の変更は、《マーク》の窓口または《マーク》のATMでのお手続きとなります。

ご利用限度額変更の例

セキュリティを重視する場合

磁気ストライプおよびICチップのご利用限度額を0円に設定
利用できるATMは生体認証に対応したATMに限定されますが、不正な引出しを防ぐことができます。

安全性を高めながらも便利に使いたい場合

磁気ストライプおよびICチップのご利用限度額を低めに設定
コンビニエンスストアのATM等、生体認証に対応していないATMでも利用できます。
限度額を低めに設定すれば、万一の被害額を抑えることができます。