ページの先頭になります。

ページ内を移動するためのリンクです。

ここからページ本文になります。

セキュリティ

お客さまに安心してご利用いただくため、当行では(1)認証情報(パスワード等)漏えい防止、(2)不正取引防止、(3)被害拡大防止の各段階においてセキュリティ機能を設けております。

アイコンの説明
  • 1認証情報(パスワード等)漏えい防止
  • 2不正取引防止
  • 3被害拡大防止

データ送受信の暗号化~128ビットSSL~1

インターネットでの情報漏れ、盗聴、データの偽造・改ざんを防ぐため、国際的に標準とされる「128ビットSSL(Secure Socket Layer)暗号化方式」を採用し、Webサイトで入力する個人情報等を暗号化して送受信しています。
またモバイル端末をご利用の場合は、各携帯電話会社独自の暗号化方式でお客さまの情報を送受信し、情報の漏えい、盗聴、データの偽造・改ざんを防ぎます。

正当なWebサイトの視覚的表示~EV SSL証明書~1

Webサイトの証明書である「EV SSL証明書」を導入しております。対応ブラウザを利用しているお客さまがEV SSL証明書で保護されているページを表示させますと、アドレスバーが緑色表示となり、サイト運営者も表示させることができます。そのため、利用者が視覚的にサイトの正当性を確認でき、フィッシングサイトかどうかの判別も行うことが可能となります。

キーログ・ハッキング防止ツール~ソフトウェアキーボード~1

画面上に表示されたキーボードをマウスでクリックすることにより入力を行う、「ソフトウェアキーボード」を導入しています。
これを利用することでキーボードからの入力ではなくなることから、「キーロガー」(キーボードからの入力情報を記録するソフト)への対策となります。

本人認証について2

  • パソコン・スマートフォン・タブレットでは、IDと2種類の固定式パスワードに加え、可変式パスワード(ワンタイムパスワード)を用いて、ご本人であることを確認しております。
  • モバイル端末(携帯電話)では、端末識別番号と2種類のパスワードを用いて、ご本人であることを確認しております。

アクセス環境分析による不正認証防止~リスクベース認証~2

「リスクベース認証」とは、お客さまのご利用環境(利用されているパソコンやネットワークなど)を総合的に分析し、普段と環境が異なり、不正取引である可能性が高いと判断された場合に、追加の認証(あらかじめお客さまに設定していただいた「一問一答の合言葉」の入力)を行い、不正取引防止を図る機能です。

使い捨てパスワードによる不正防止~ワンタイムパスワード~2

ワンタイムパスワードとは、1回限りで無効となる使い捨てのパスワードです。第三者によるパスワード不正取得による悪用などの防止を図ります。
ワンタイムパスワードには、お客さまの携帯電話(含むスマートフォン)にインストールしたアプリで生成する「ソフトトークン」と、専用のパスワード生成機で生成する「ハードトークン」の2種類があります。

メールによる使い捨てパスワード~取引認証パスワード~2

都度指定方式による振込を行う場合など、ご利用のメールアドレスに、「お取引内容」とお取引ごとに有効な「パスワード」を通知します。通知された取引内容を確認し、本パスワードと従来のパスワードを入力していただくことで、不正送金防止を図ります。

  • ワンタイムパスワードをご利用のお客さまが対象です。
  • 取引認証パスワードのご利用は任意です。

取引状況のメール通知3

取引発生の都度、取引内容を記載したメールを受取ることができます。身に覚えのない取引等を確認でき、万が一不正取引が発生した場合でも被害拡大の防止を図れます。

セキュリティソフトの無料提供2

当行では、株式会社セキュアブレインが提供している不正送金・フィッシング対策ソフト「PhishWall(フィッシュウォール)プレミアム」を導入しています。無料でご利用いただけますので、ぜひダウンロードしてご利用いただきますようお願い申し上げます。

無料 不正送金・フィッシング対策ソフト PhishWall®プレミアム無料 不正送金・フィッシング対策ソフト PhishWall®プレミアム

お問い合わせ・ご相談はお気軽にどうぞ

きらぼしホームダイレクトヘルプデスク(旧八千代銀行)

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくためには、Acrobat Reader(無償)のダウンロードが必要です。Adobe、Adobe ロゴ、Readerは、Adobe Systems Incorporated(アドビシステムズ社)の米国ならびに他の国における商標または登録商標です。