ページの先頭になります。

ページ内を移動するためのリンクです。

ここからページ本文になります。

特約付外貨定期預金「江戸っ子」

一定範囲内の為替リスクを回避しながら、円ベースで有利な利回りが期待できる新しいタイプの外貨預金です。

  • 募集期間内のお申込みが必要です。
    本商品は預入日の前に一定期間募集を行います。ご利用に際しましては、募集期間内でのお申込みが必要です。
    募集内容(金利、期間など)はその都度決まりますので、詳しくは店頭窓口までお問い合わせください。

ポイント

  • POINT 1

    外貨預金の利回りで運用しながら、一定範囲の為替リスクが回避できます。

    判定日時(満期日2営業日前の東京午後3時)の為替相場が「判定相場」(特約として預入相場よりも円高に定めた基準の相場)よりも円安の場合は、「特約相場」(=預入相場と同じ相場)で円と交換することをお約束します。
    「判定相場」と同じ相場か円高の場合は、外貨でのお受取りとなります。

  • POINT 2

    米ドル、ユーロ、豪ドルの3通貨でご利用いただけます。

    お取扱い通貨は、米ドル、ユーロ、豪ドルの3種類です。

商品の特長

円安時の為替差益を受取れないかわりに、一定範囲で為替リスクを回避することができます。

「預入相場」より円安の場合

「特約相場」で円を交換して受取ることができます。為替差益は手にすることが出来ません。

  • 特約相場は預入相場と同じ相場です。

「預入相場」より円高で、「判定相場」より円安の場合

為替リスクを回避し、「特約相場」で円を交換して受取ることができます。

「判定相場」以上の円高の場合

外貨のままで受取ることになります。

お取引の流れ

  • お預入れ通貸が米ドルの場合

商品説明

  • 「特約付外貨定期預金(愛称:江戸っ子)」は、外貨定期預金に「円転に関する特約」を組み合わせることにより、為替変動リスクを一定範囲内で回避しながら、円ベースでの有利な運用を目指す商品です。外貨定期預金のお預入れ時の相場(「預入相場」)をもとに、「判定相場」を設定し、当該預金の「預入相場」を満期時の円転「特約相場」とします。判定日(満期日の2営業日前)の東京午後3時の為替相場が「判定相場」と同値またはそれ以上の円高とならなければ、「特約相場」で円貨へ交換いたします。
  • ただし、判定時の為替相場が「判定相場」と同値またはそれ以上の円高になった場合は、満期時の元利金は外貨での受取りとなるため、お受取りの外貨を円換算した金額が当初の預入額を下回る(円ベースで元本割れとなる)リスクがあります。
  • 本商品は、円貨からのお預入れに限ります。
  • なお、満期時の円貨でのお受取りが確定した場合、預入相場以上の円安による為替差益のメリットは享受できません。
  • 満期日前の解約のお取扱いはできません。ただし、当行がやむを得ないと判断し、満期日前に解約する場合には、清算金をお支払いただきます。この場合、解約元利金から清算金を差し引いた金額が当初預入円貨額を下回り、元本割れとなるリスクがあります。

この商品は、旧東京都民銀行の店舗でのみ、お申込みが可能となっております。お手数ですが、お申込みの際は旧東京都民銀行の店舗までご連絡ください。


お申込みは各店舗の窓口で
承っております。

資産運用にお悩みの方はお気軽に
ご相談ください。

お問い合わせ・ご相談はお気軽にどうぞ

お電話でのお問い合わせ

きらぼし銀行カスタマーセンター

通話料無料

【受付時間】
平日9:00~17:00 (土・日等の銀行休業日を除く)