ページの先頭になります。

ページ内を移動するためのリンクです。

ここからページ本文になります。

はじめての外貨預金

外貨預金とは?

外貨預金は、ドルやユーロなどの外貨建の預金のことです。元利金は円貨に交換してお受取いただくことも、外貨のまま継続して運用することも可能です。

始める前に知っておきたいこと

為替変動リスクについて

外貨預金は現在、円に比べて高金利での運用が可能な場合があります。ただし、お預入れ時とお引出し時の為替変動によるリスクもあります。外貨定期の満期時に円安の場合は、為替差益により大きくふくらんだ円を手にすることができますが、逆に円高な場合、円に交換すると資金が減ってしまうこともあります。 きらぼし銀行では、円安時の為替差益を受取らない代わりに、一定範囲で為替リスクを回避できる商品などもご用意していますので、運用の目的に応じて有利な貯蓄方法をお選び頂けます。

  • 下記の図はあくまで運用例であり、実際の為替相場とは異なります。

為替レートにより、差益または差損が生じます

  • 購入時、売却時の為替手数料は考慮しておりません。

適用相場TTS・TTBについて

TTS・TTB

  • TTS お客さまが円貨から外貨に換える際の、当行所定の当日レートです。
  • TTB お客さまが外貨から円貨に換える際の、当行所定の当日レートです。
    (TTS、TTBは、テレビや新聞で報道されている銀行間市場で取引されるレートとは異なります。)

手数料・課税方法について

手数料 外貨現金によるお預入れ、お引出しの場合には、所定の手数料を申し受けます。
税金
  • お利息は20.315%(国税15.315%、地方税5%)の源泉分離課税となります。
    • 2037年12月31日までは復興特別所得税が付加されるため、20.315%の税率となります。
    • マル優のお取扱いはできません。
  • 為替差益は雑所得となり、確定申告による総合課税の対象となります。ただし、年収2,000万円以下の給与所得者の方で、為替差益を含めた給与所得以外の所得が年間20万円以下の場合は、確定申告は不要です(給与を複数の会社から受けていない場合)。為替差損は、他の黒字の雑所得から控除できます。他の所得区分との損益通算はできません。

詳しくはお客さまご自身で税理士等にご相談くださいますようお願い申し上げます。


お申込みは各店舗の窓口で
承っております。

資産運用にお悩みの方はお気軽に
ご相談ください。

お問い合わせ・ご相談はお気軽にどうぞ

お電話でのお問い合わせ

きらぼし銀行カスタマーセンター

通話料無料

【受付時間】
平日9:00~17:00 (土・日等の銀行休業日を除く)